ameba ownd

まーたこのHPのご利用規約ページが強制閉鎖されました。クッソ腹立つ。

こないだまで大丈夫だったのに。ずーっと平和だったのに。ちょっと更新した途端これですわ。

「このページは表示できません」

「このページには一部、amebaの健全なサイト運営にふさわしくない言葉・表現が含まれている可能性がある為アクセスすることができません」

だって。

なんなんでしょうね一体。何がいけなかったんでしょうね。

ともあれ何かしらの文言がamebaの規定に引っ掛かったようです。でもそれが何かはわからない。詳細は一切通知されないからね。なんなら閉鎖されたことさえ通知されないからね。だから自分でマメにアクセスして確認するしかない。

わかってるのは、久しぶりに内容の一部を更新したら引っ掛かったという点。

つまり今回の更新部分にこそ強制閉鎖の原因があるのだろうという点。


つか順を追って説明すると、まずご利用規約ページってのは、島田が作った規約がクッソ適当な口語体でつらつらと書かれてるページのことなんですけども、各規約は箇条書きで書かれているものなんですよ。

うどんの説明に例えるとこんな感じ。


★かけうどん…なんも乗ってないやつ。

★月見うどん…卵が乗ってるやつ。

★きつねうどん…油揚げが乗ってるやつ。

★てんぷらうどん…てんぷらが乗ってるやつ。

★ちからうどん…おもちが乗ってるやつ。

★山かけけうどん…とろろが乗ってるやつ。

etc…


↑こんな感じで箇条書きされてるわけですよ。各うどんの説明が。

で、このうち上から4番目の「てんぷらうどん」の項目をね、もうちょっと充実させようと思って、

「★天麩羅うどん…天ぷら(エビやイカなど)、あるいはかき揚げを載せたもの。特に断りのない限り、一般のそば屋ではエビの天ぷら、立ち食い店ではかき揚げが用いられる。かき揚げを使用したものは「かき揚げうどん」と呼ぶ事もある。関西地方の立ち食い店では、具材のほとんど入らない「天ぷら」と、野菜中心の「かき揚げ」の二種が用意されていることも多い。」

ってな感じで書き直したわけです。ちょっと踏み込んで詳しく。「てんぷら」も漢字で「天麩羅」にして。

そんなふうにして島田は、ちょいちょい自分のHP内のコンテンツを見直しては、よりよいものになるようにと日々変更を加えているわけです。ブログは何か月も放置することもあるけど、そこはまあ置いといて。


とにかく、今回もそうやって変更を加えて更新したんですけど、そしたらいきなりページ閉鎖されちゃったわけです。とりあえずそういう状況です。非常に困惑してます。

だから取り急ぎ今回の更新部分の文章をめっちゃ見直して、何度も書き直してみたんですけどね、再更新しても数時間後にはまた強制閉鎖されちゃうんですよ。困ったことに。

そんでまた見直して、書き直して、再再更新、でもまた数時間後に強制閉鎖、を繰り返すことなんと5回!!

いたちごっこ、堂々巡り。


毎回、次こそは閉鎖されませんようにと、例えば事実に反することとか書かないように、嘘・大げさ・まぎらわしいこととかも書かないように、誰からも反論を受けないように断定口調を避けたりなんかして頑張って…

結局最期のほうはもう添削しすぎてなんかもうすげー曖昧な文章になってて、


「★てんぷらうどん…これは島田が言ったわけじゃないんだけど、エビとかイカのてんぷらがのってるやつっぽいよね。かき揚げの時もあるっちゃある。らしい。たぶん。」


ぐらい当たり障りの無い、極めてふわっとした、どうにでも逃げられる内容の文章にしたってのに、それでもやっぱ数時間したら閉鎖されちゃった日にはさすがに閉口しました。

常識的に考えて絶対大丈夫なはずなのに…事実に反する内容の流布とか、反社会性とか、公序良俗に反する記述なんかひとつも無いからOKのはずなのに…

は?なんで?なにがいけないの?って話です。いやホント。


つーかひょっとして、てんぷらうどんの項目自体がダメなの?いやでもそれは前からあったじゃん。ずっとOKだったじゃん。じゃあ何?今回追加した「エビ」がダメなの?「イカ」がダメなの?それとも「かき揚げ」がNGワードなの?いやでもどう考えてもそれらのワード自体には不健全な要素なんて皆無じゃん。じゃあひょっとして実は、俺が知らないだけで、例えば「かきあげ」には何か裏の取引で使われるいかがわしい意味があったりするの?「ホ別イチゴ」みたいな?「カキ」で「アゲ」とかけしからん的な?こらこら島田~一体何をカキカキしてるんだぁ~?しかもアゲちゃうのかぁ~?んん~?みたいな?いや知らんがな…みたいな状況です。


だからもう心が折れちゃって、いっそ今回の更新を無かったことにして、変更した文章を以前の通りに、すべて元通りに直そうと思ったわけです。そうすりゃ閉鎖されてなかった頃に戻れるわけだから。もうそうするしかないなと。


でもそこは島田痛恨のミス。

元の文章は保存してませんでした。当初、まさか閉鎖されるとは思ってなかったから普通に上書き更新してました。だからもう元の文章がどうだったかわからない。わりと長文だったから正確に一言一句は思い出せない。その一言一句で成否が分かれるってのに、もうどうしようもない。クソが。俺の馬鹿。


そんなこんなでいいかげん頭にきたので、それならとご利用規約ページをまるごと削除するに至りました。で、もっかい最終更新内容と全く同じ内容で新たにページを作りなおして公開しました。つまり「更新」じゃなくて、「削除」&「新規作成」したわけです。


ameba側がどんなシステムでこっちのページをチェックしてんのか知りませんが、更新するたびに閉鎖食らうってことは、少なくとも「更新通知」みたいなものは届いてるんでしょうねきっと。で、更新のたびにその内容をチェックしてるわけですよね。判定がロボット巡回のプログラミングによるものなのかマンパワーによるものなのかあるいはその両方によるものなのかはわかりませんが、とにかく更新通知だけは届いて、内容のチェックはされてる状態である、と。ならもう更新通知が送られないように該当ページは削除して、新規作成してしまおうと思ったわけです。まあたぶん新規は新規で「新規ページ作成通知」みたいなものがあるのかもしれないけど、でも内容の判定フローが更新時とは何か違うかもしれない、ひょっとしたらこっちは許されるかもしれないという期待を込めて。


で、その結果ですが、ダメでしたそれも。新規作成しても閉鎖されました結局。

最初はよかったんですけどね。新規作成してからちょいちょい自分のご利用規約ページを自分で閲覧してましたが、更新の時みたいに数時間では削除されず、8時間ぐらい大丈夫だったんで、よーしよしよしよし!これならいけそうだ!って安心してたんですけどね。でもしばらくするとまた例の「このページは表示できません」が表示されて、やっぱり閉鎖されてしまいました。


もうね、何やってもあいつらチェックしてやがる。もう勘弁してくれ。

つかせめて何がいけなかったのかだけでも教えてくれよ…頼むよ…っていよいよ心が折れました。もうホント、どの文言がいけないのかまるっきりわからないことがめっちゃストレス。だっておかしなことは何ひとつ書いてないんだもん。


そもそもameba owndは商利用OKだから、世で商売してる人間なら誰でも自前のHPを制作していいし、その仕事内容の紹介も、宣伝も、勧誘も、基本的には自由なわけです。

だからキャバ嬢が自分のお店のシステムを説明してもいいし、風俗嬢がブログで今日のプレイ内容を個人的に語っても構わないし、島田みたいなホストが利用規約を載せることだってOKなわけです。事実、今までOKだったしね。


ただ、例えば自称ヤクザが、俺は指定暴力団の〇〇だと名乗って何かを発信するのはもちろんダメです。なぜなら反社会的だから。そういうのは許されない。怪しい情報商材とか違法な闇金とかもきっとそう。あと18禁のお店の人間が勧誘や宣伝をするのもたぶんダメ。風俗嬢が個人の心情をブログで表すのはOKでも、「指名してね☆」とか「お店に来てね☆」とか書くのはたぶんNG。なぜならameba owndは18歳未満でも見られるHP作成サイトだから。年齢確認のクッションページとかポップアップウィンドウとか無いし、作れないからねowndでは。なので未成年に宣伝しちゃダメ。これがもし居酒屋宣なら宣伝も許されるんだろうけど、はっきり18禁の性風俗特殊営業の届け出がなされてる業種に限っては、商利用okつっても制限アリって印象。や、ガイドラインの条文や類似例を確認できたわけじゃないけどね。でもたぶんそういう基準。


実際島田も、「バルトレージュに所属してます」という内容はどこにどう書いてもOKだったし、料金表を掲載するのも全然OKだったけど、「バルトレージュHPはこちら」ってURLを貼った瞬間ダメだったもんね最初。即座にそのページ閉鎖されちゃったからね。まあそれはたぶん、18禁サイトへの誘導になるから、みいたいな理由だと思うのでまあ理解はできます。


あと、HP開設当初に作成した「ご指名の流れ」ページもダメでしたね。まずこうやって連絡とって、こうやって待ち合わせ日時を決めて…みたいな、指名方法の説明ページね。島田の中ではこれは単なる「解説」に過ぎないものだから大丈夫とタカをくくってたんですが、それが性風俗店利用を促す宣伝や勧誘だからダメと判断されちゃったか、あるいは判断に迷うものだからもうその時点でダメ、みたいな理由で、たぶん閉鎖されちゃったんだと思います。それもまあ頭では理解はできました一応。とはいえ苦労して作ったものが一発で消されてげんなりはしたけどね。


閑話休題。

ともあれこういう経緯と認識を踏まえ、ご利用規約ページに関してですが、これは「規約」なんだから許されてしかるべきものであることは実績付きではっきりしてるわけですよ。だって書いてある内容なんてまさに「18歳未満利用禁止です」とか「日本国内法令及び各市町村条例を遵守します」とかだからね。反社会性のかけらもない。それに、そのほかの項目にしても、個別の例を挙げつつ、あれは禁止、これは禁止、という感じで禁止事項を並べてたに過ぎないから、宣伝も勧誘も一切してないわけよ。ゆえに引っ掛かる理由が無い…はずなのよ。それなのに閉鎖されちゃったもんだから、こんだけ頭抱えてるというわけです。


だからもう最終的には、「てんぷらうどん」の項目自体削除しちゃいました。今回の更新部分自体をまるごと削除してみたわけです。つまり以前の状態よりも、大丈夫だった頃の状態よりもなお大丈夫な状態にしたわけ。だってもはや無いんだからね、その部分自体が。それなら絶対大丈夫だと思いますよね。だって元々そこ以外はいじってないんだからもう閉鎖されることは無いと思いますよね普通。つまり島田は勝負に負けたわけだけど、でもとりあえず試合はこれで終わりだなと、そう思ったわけです。

そしたらどうなったと思いますか?


まーた閉鎖ですわ!


もうね、こうなるとガチで意味不明。こうなるともうどこが悪いのか皆目見当がつかない。つーか辻褄が合わない。理屈が通らない。こればっかりはガチでイラッとするし困る。だってそうなるとてんぷらうどん以外のすべての項目が、文言が、ぜーんぶ強制閉鎖理由とし浮上してきちゃうからね。今まで許されてた部分が、かけうどんや月見うどんの部分が、いきなり許されなくなったって話になるからね。かといって残りのすべての単語や項目をひとつひとつ、一回載せてみたり次は消してみたりして、さあ閉鎖されるかな?とゴールに辿り着くまで何度も試すなんてことは現実的に不可能だし。


つかなんなの?ガイドラインが変更でもされたわけ?それとも以前まで見落としてたとか黙認してた何かを、更新のタイミングで拾い上げて「やっぱNGで」ってことにしたわけ?それはどうなんですかね、会社として。そんなあやふやな運用で利用者が納得できるはずないし納得してないからね実際。つかページに階層も付けられないようなオモチャ構造のくせに生意気にさえ感じる。不明瞭なコンプラっつーかポリコレ棒めいたガイドラインをあやふやにぶんまわして、人様の著作物を有無を言わさず吹っ飛ばしてる感ある。仕事もロクできずルールの明示もしてないくせに権利だけ強引に行使されたかのような。普通に公園歩いてたらシャツの裾と鼻水が出てるハタチぐらいの金髪ピアスの警備員に「ここ立ち入り禁止なんで」って、看板もフェンスも無かったのにいきなり追い出されたかのような、そんな心境です。


とまあ文句は死ぬほどあるわけだけど、こうなりゃ意地があるから、とりあえずまた知恵を絞りましたよ。今度は規約文章を普通のテキストではなく、HTMLでスクロールボックスを作成してそのコードの中に収めてみました。島田初めて作ったけどまあググればなんでもできるからね。

で、これはね、24時間もった。最長記録。でも結局閉鎖されてんだけどね。それがさっきのできごと。もはやなんの感情もわかないよね。乾いた笑いしか出てこない。


もう何度目か数えるのも飽きたけど、とにかくまた閉鎖されたから、またページ削除して、また新規作成して、またHTMLでボックス作って、さらに今さらだけどまた文言をもう一度見直して埋め込みました。それが今。だから今はまだ閉鎖されてません。現在7/31、am4:20。


さてここからどうなることやら。またしばらく見守ります。これでダメならまた何か新しい方法試してみます。最終的にはもう画像にしちゃうかも。


つか皆さんに謝らなきゃいけないのは、こうして更新だの新規作成だのをするたびに、なぜがRSSが反応して、バルト公式の「ホストブログ」の欄に更新通知がその都度届いちゃってることだよね。俺のはブログ更新じゃないってのに。HPコンテンツの更新だってのに。


アナライズしたらアクセス数かなり伸びてたんで、たぶん「お、ブログ更新されてる」ってこのHPへ来てくれた人がかなりいるんでしょうね。や、ほんとすんません。ブログは更新してませんでした。今更新してます。そして事態はなにひとつ進展してません。むしろ後退しております。

近いうちにまたイラスト描いたりして普通に更新します。

今日ところは愚痴ね。勢いで書いた愚痴ブログね。愚痴と謝罪。あと同情狙い。


あーもー誰か可哀想な島田に愛の手を。

できれば焼きの肉で。タンの塩で。

GARDEN

出張ホスト(レンタル彼氏) 島田龍一の個人ブログ。 Baltraju(バルトレージュ)所属。